出産

更年期障害か?!

投稿日:

このブログを書いている私は、今年47のおじさんです。結婚をしています。妻は2歳年下。子供は高校生です。
そんな妻の体調に変化が現れたのが、今年の6月下旬くらいだったと思います。

体がダルイ。食欲が無い。喉というか胸につっかえたような違和感がある。微熱っぽい。そして、5月の生理を最後に6月に来るべき生理が来ない。

妻は、今までも生理は比較的順調に来ていた方ではないかと思います。本人もそう言ってますし。
もともと喘息の持病があるのですが、このような体調の不良、珍しい生理不順。

年齢的にも40中盤ですし、そろそろホルモンのバランスが崩れてくる年齢だろうし...。更年期か?
なんて話を夫婦でしながら、食事の栄養バランスや、睡眠時間には気を付けようね。運動不足も気を付けよう。なんて会話がそのころのメインテーマでした。

私はフリーランスとして仕事をしている関係で、自宅が仕事場という事もあり、比較的一日のスケジュール配分に融通がきくので、昼間は息抜きも兼ねて妻の買物に付き合ったりすることも結構あります。

時間のある時は敢えて車は使わないで、徒歩で片道40分くらいの買物は散歩がてら二人でプラプラ歩きながら買物に行くような事も珍しくありませんでした。

二人共それなりに、健康管理には気を付けて生活していたつもりなのですが、妻の長引く体調不調に年齢には勝てないね。なんて会話をしていたものです。

また、7月の下旬にはこの件とは関係なく、二人共近くの総合病院で、以前より予約していた健康診断を受けていましたし、その検査結果にも「異常なし」と診断書で報告を受けていたので、続く体調不良が何か特定の疾患によるものであれば、検査結果でも所見として「異常なし」とはならないはずです。

生理も前回からかなり間隔が開いているけど、遅れているのではなく、「もしかして閉経したのか?」

なんて疑問もあったのですが、流石に「四十半ばで閉経は早いんじゃないか?」とか「閉経って、こんなにも、ある日突然パッタリと終わるものなのか?」という疑念を払拭できないまま時間だけが過ぎていました。

こんな調子で妻の体調不良が一ヶ月以上続いている状態に終わりが感じられないので、「婦人科に行って診てもらおう」なんて話をしていた8月下旬のある日の事です。

妻が、夕方シャワーから上がった時、私を呼ぶ声が聞こえました。
「ねえ、ちょっと来て」
私はてっきり石鹸かシャンプーでも切れたのかと思っていたのですが、妻が自分のおっぱいを指さして、

「母乳が出てる」と言うのです。

暫し二人の間に沈黙がありましたが、これはおかしいと感じた私は、その脚ですぐ車に乗り近くの薬局に向かうことになりました。

少し長くなりそうですので、続きはまた別記事として公開させていただきます。

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-出産
-

Copyright© ネコごはん , 2016 AllRights Reserved.