iPhone 各種設定

iPhone の音量調節のコツ

投稿日:

iPhone を利用していて今までなんとなくしっくりこなかった設定の一つに音量の調整がありました。

私の場合、音量の調整が必要になるのは、「電話の着信音」「電話の受話音量」「アラーム音」「通知音」辺りがメインでしょうか。

色々と調べてみると、iPhone での音量の管理は4つのカテゴリーで調整が可能(音量管理が可能)なようです。
一つ目が、電話の受話音量、2つ目が、音楽の再生や一般的なアプリの動作音、3つ目がイヤホン使用時の音量、最後は、着信音やアラーム音、通知音。という事になっているようです。

受話音量というのは、屋外の騒々しい所は、相手の声が聞き取りにくくなるので、だいたい最大音量にしている事が多いのですが、通話が終わっても最大音量はそのままで切断している事が多いので、帰宅して静かな室内で着信を受けると、びっくりするくらい相手の声が大きかったりする事がたまにあります。

音量設定がどのように管理されているのかを再認識しておくことで、日頃から自分の使い方にあった設定を意識する機会が増えて、結果音量の大小でモヤモヤする事がなくなりました。

今まで、音量管理がしっくり来なかった方は、このような仕様を頭に入れておくとより快適に使うことができると思いますのでお試し下さい。

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-iPhone, 各種設定

Copyright© ネコごはん , 2016 AllRights Reserved.