MVNO

BIC SIM(ビックシム)音声通話パックを購入しました

投稿日:2014/10/02 更新日:

SIMカード(BIC SIM(ビックシム)音声通話パック)を入手する

前回、SoftBank を解約し、MVNO でIIJmio に乗り換え、毎月のiPhone の利用料節約を選択したわけですが、IIJmio で提供されている「みおふぉん」というサービスを利用するには、IIJmio のSIMカードを購入する必要があります。

購入は、IIJmio の公式ホームページから購入することもできますし、該当のSIMカードを扱っている量販店の店頭でも購入できます。
Amazon などのネット通販で購入することも可能です。

BIC SIM(ビックシム)音声通話パックはWi2(ワイツー) 300の無料特典付き

SIMカード自体はどこで購入しても同じですが、店頭で販売されている物は店舗独自のキャンペーン特典が付いている場合があります。

今回は、ビックカメラが扱っている「BIC SIM(ビックシム)」に、Wi2(ワイツー) 300 を無料で使える特典というのがありましたので、こちらを購入することにしました。
Wi2(ワイツー) 300につきましては、この記事の最後で少し紹介したいと思います。

早速、ビックカメラ.com のホームページから、「BIC SIM音声通話パック」を購入しようと商品を探したのですが、商品が見当たりませんでした。

以前アクセスした時に、ブックマークしておいたBIC SIM(ビックシム)音声通話パックのURLにアクセスしたみたところ、無事にページを発見。

どうやら、2014年10月02日 現在、在庫がないようで、一時的にトップページからリンクが削除されているようです。
前回アクセスした時は、「在庫有り」となっていたので人気商品のようです。

11月が2年縛りの契約更新月なので、それまでに入手できればいいや。と考えていたのですが、今後も品薄状態が続き、入手に時間がかかるといやなので、注文したiPhone 6 Plus は10月下旬到着の予定ですが、先にBICSIM 音声通話パックを購入しておいくことにしました。

尚、「BIC SIMウェルカムパック [データ用]」「SMS対応SIM」「SMS非対応SIM」「BIC SIM(ビックシム) プリペイドパック」などの種類もありますが、ナンバーポータビリティで現在の電話番号を持っていく場合は、「BIC SIM(ビックシム)音声通話パック」を購入する必要があります。

iPad などのタブレット端末などで、電話番号が必要ない場合は、「SMS対応SIM」「SMS非対応SIM」などのBIC SIMウェルカムパック [データ用]のSIMカードを選択することになりますので、ご自身の利用形態に合わせて購入して下さい。

スマホユーザーで、3大キャリアからのMNP の方は、迷わず、「BIC SIM(ビックシム)音声通話パック」一択でOKです。

尚、この「BIC SIM(ビックシム)音声通話パック」ですが、こちらは届いた商品にSIMカード本体は同梱されていません。(他の所で購入した場合も同様です。)

届いた箱の中に、「エントリーコード」という申込をするために必要なシリアル番号のようなものが入っていますので、IIJmio の本人確認システムにログインをして最終手続きをする必要があります。
参考「みおふぉん」に申し込みをしました

こちらで身分証明書などの必要事項をアップロードし、申請内容に不備がなければ通常1週間程度でSIMカード本体が送られて来ます。
参考「みおふぉん」の本人確認書類の提出方法

したがって、「BIC SIM(ビックシム)音声通話パック」「IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043」などを購入しただけで、契約が成立するわけではありませし、その時点から月額料金が発生するわけではありませんので、私のようなパターンで本体がまだ手元にない場合でも、先に購入だけしておいて本人確認書類をアップロードできる状態を予め準備しておくのも今後の手続きを円滑に進めるひとつの方法となると思います。

スポンサーリンク

レクタングル(大)

Wi2(ワイツー) 300 とは

今回BIC SIM(ビックシム)音声通話パックを選択したポイントは、契約期間中はずっとWi2(ワイツー) 300が無料で使える特典が付いていたからなのですが、ここで「Wi2(ワイツー) 300」とは何かを簡単にご紹介しておきたいと思います。

Wi2(ワイツー) 300 公式ホームページ

Wi2 300は、次世代無線LAN規格の「11ac」※を含む、全国最大規模のエリアを誇る公衆無線LANサービスです。公共交通機関、カフェなど街中で、お手持ちのWi-Fi(無線LAN)搭載端末を インターネットに接続することができます。
外出先での食事や休憩のときにWebページ・動画の閲覧、出張時の電車や飛行機の待ち時間でのメールの確認などに気軽にご利用いただけます。

月額定額プラン362円(税別)とワンタイムプラン(6時間 350円、24時間 800円、3日間 1,500円、1週間 2,000円(全て税込み))という2つの料金体系が用意されています。

利用可能エリアはこちらで検索可能ですが、使えるスポットもそこそこあるようですので、出先が、Wi2(ワイツー) 300対応施設であれば、Wi-Fi接続に切り替えることで、パケット通信の節約にもなりますし、一部の施設では、次世代無線LAN規格の「11ac」にも対応しているようですので、通信速度も快適に使えるのではないかと期待しています。

通常は、月額 390円(税込み)で利用できるサービスが無料で使える特典付きという事で、BIC SIM(ビックシム)音声通話パックを選択してみました。

使う機会がありましたら、Wi2(ワイツー) 300のサービス内容に付きましても、またブログの方で紹介させていただきますので、よろしければお気に入りに登録して今後の成り行きを見守ってやって下さい。

現在地

  • SoftBank を解約し、MVNO で IIJmio(みおふぉん)に乗り換えを決めた!
  • 9月28日夕方 アップルストアでiPhone 6 Plus を購入手続き終了。
  • 購入した iPhone 6 Plus の商品到着待ち(到着予定日:2014/10/22 – 2014/10/29)
  • 10月2日 BIC SIM(ビックシム)音声通話パックを購入した。(入荷次第出荷。到着日未定)← 現在地

今回のまとめ

9月下旬にアップルストアで注文をしたiPhone 6 Plus は10月下旬到着予定なわけですが、現在使用しているSoftBank iPhone 5 の2年縛りの契約更新付きが11月ということもあり、それまでに入手できればよいと考えています。

11月になったらSoftBank でナンバーポータビリティーの手続きをして、IIJmio(みおふぉん)に移行するわけですが、その時に必要となる、SIMカードを今回先に購入しました。

購入した、BIC SIM(ビックシム)音声通話パック は着日未定となっていますが、iPhone 6 Plus を受け取るまでには、到着してくれる事を期待しています。

またこの続きや、ナンバーポータビリティーの手続きの様子などはブログの方で紹介していきたいと思います。
このブログを読んでくださった誰かのお役に立てれば嬉しく思います。

次回もどうぞお楽しみに!

関連記事

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-MVNO

Copyright© ネコごはん , 2016 AllRights Reserved.