Wi-Fiスポット

そのままでは危険な無料公衆無線LANを安全に活用する方法

投稿日:2015/01/15 更新日:

公衆無線LANを利用するメリット

スマホの普及に伴って公衆無線LANも様々な業種でサービスが提供されていますね。Wi-Fiスポット、フリースポット、ホットスポットなどと呼ばれる事もあります。
2020年の東京オリンピックに向けてこれから益々増えそうですし、街中で快適にWi-Fi接続可能な環境が整備されるのは、MVNOユーザーの私にとっても嬉しい限りです。

スポンサーリンク

レクタングル(大)

3G回線に代わってLTEが全国的に整備され、通信速度は以前に比べ数倍〜それ以上早くなりました。
通信速度だけで比較するとWi-Fi接続のメリットは半減しますが、パケット通信量が従来より料金プランに細かく反映されるようになって来ていますので、上手にパケット通信(データ通信)と公衆無線LAN接続を使い分けることは、料金プランの節約にもつながります。

動画再生、SNSでの動画や画像の閲覧やアップ、Instagramなどの画像メインのサービスではWi-Fi接続を利用する事で、データ通信量を大幅に抑えることができます。

スマホの使用と公衆無線LANは、今後切っても切れない間柄となっていきますので、ここで改めて基本事項のおさらいと応用編を活用し、スマートなスマホライフを送りましょう。

公衆無線LANのサービス色々

公衆無線LANは、無料で使用できるもと有料で提供されているサービスがあります。無料で提供されているほとんどは、簡単な利用手続きだけで始められますので、主要なものは予め登録しておき、いつでも使える状態にしておくと便利です。

下に主な公衆無線LANをリストアップしましたので利用登録の参考にしてください。また提示されている利用規約などを確認の上サービスを利用されることをおすすめします。

料金:無料
セキュリティ(暗号化):なし
使用制限:1日3回まで(1回につき最大60分)

料金:無料
セキュリティ(暗号化):なし
使用制限:時間、回数共に制限なし
SSID:Famima_Wi-Fi

料金:無料
セキュリティ(暗号化):なし
使用制限:1日あたり20分×3回
SSID:Famima_Wi-Fi

利用可能エリア
料金:無料

料金:無料
セキュリティ(暗号化):なし
SSID:at_STARBUCKS_Wi2

公衆無線LANの暗号化について

無線LANを使用する上で大切なポイントはセキュリティ対策とプライバシーの確保です。無線は目で見えませんので、自分の端末がどこのアクセスポイントに接続しているかは、設定画面を見なければわかりません。端末の設定内容によっては自分では接続している意識がなくてもいつの間にか勝手に接続されていることも考えられます。

無線LANのアクセスポイントから出力されている電波の強度や建物や周辺の環境によっても電波の到達距離はまちまちです。アクセスポイントにいなくても近くにアクセスポイントがある場合は、電波が届いている可能性があるので注意が必要です。

また無線でやりとりされるデーターが暗号化されていない場合は、通信内容を自分以外の第三者に傍受される可能性があるということも知識として知っておきましょう。

通信内容とは、送受信しているメール本文や画像、閲覧しているホームページのURLやページに入力した内容などが含まれる事もあります。

サービスの利用料でセキュリティ対策の品質が確保されているわけではありませんので、普段使用している公衆無線LANでどのようなセキュリティ対策が施されているのかは、最低限知っておく必要があります。

有料サービスだから全てのネットワークが暗号化されているわけではありませんし、無料サービスだから暗号されていない危険なネットワークというわけでもありません。

危険な公衆無線LANの見分け方

街中に出ると様々な無線LANが飛んでいます。公衆無線LANとして不特定多数のユーザーにサービスを提供する事が目的のものの他、店舗など業務使用で利用しているものもありますし、近隣の家庭から個人使用で使っているものが周辺に漏れているものまで様々です。

最も基本的な注意点として、「知らないアクセスポイントには接続しない」という事があります。アクセスポイントにはSSIDという識別名があります。

公衆無線LANの場合サービス提供元がSSID名を公開していますので、自分が普段利用するSSID名は最低限覚えておくといいでしょう。

公衆無線LANでない業務使用などのWi-Fi電波の場合は通常、パスワードなどでネットワークへのログインが制限されていますので、アクセス権限がない限り誤って他人のWi-Fiネットワークに接続してしまうという事はありませんが、家庭利用などの場合設定の不備などによりパスワード制限ができておらず誰でも接続可能な状態で周囲に漏れているいわゆる「野良Wi-Fi」も珍しくはありません。

また、無知なユーザーを装ってわざと誰でもパスワードなしで接続できるWi-Fiネットワークを開設し、接続してきた端末の通信データなどを傍受したり、ユーザーが入力したパスワードを収集することを目的とした不正なWi-Fiネットワークという事も、可能性として考えられる事を覚えておきましょう。

暗号化されていないWi-Fiスポットを安全に使用する方法

自宅で使用している無線LANはパスワードや適切な暗号化処理などを施して使用していると思いますが、公衆無線LANの場合もこれと同じ対策が必要です。

ただし公衆無線LANの場合は利便性などの問題を優先し、これらの設定を敢えて行わず使いやすさが第一のようなネットワークがあることも事実です。

Wi-Fiネットワークが暗号化されていないということは、その電波を経由してやりとりされる通信内容は原則傍受が可能という状態です。
暗号化されていない公衆無線LANでの簡単な対策としては、

  • 公衆無線LANの利用に際し登録したパスワードなどの個人情報は普段から慎重に管理し扱う。
  • 不用意なパスワード入力や、セキュアな情報は公衆無線LANでやりとしない。
  • 閲覧するホームページはSSL/TLSプロトコルを採用しているサイトを利用する(ブラウザのアドレス欄が「https://〜」で始まるURL)
  • 第三者に傍受されて困るような内容は公衆無線LANでやりとりしない。

などかなり窮屈な内容になってしまいます。しかしそのような面倒な事をいちいち考えながら使うのは正直疲れますし、色々な制限の中でしか利用できないのは非常にもったいない話ですね。

そのような時に全てを解決してくれる一番の対策方法はVPNを使用することです。VPNとはVirtual Private Networkの略で、「仮想プライベートネットワーク(仮想私設通信網)」と呼ばれています。

簡単な仕組みは、パブリックな公衆無線回線に暗号化されたプライベートな自分専用の回線の構築し、端末とサーバー間でやりとりされる全ての通信データを安全に送受信する方法です。

少し雑な言い方をすれば、VPN経由でスマホやパソコンを使えば、それが暗号化されていない公衆無線LANであっても通信データは安全に保たれるということになります。

このVPNを利用する方法も最初に一度だけ設定をしてしまえば、あとは使用したい時に簡単にON/OFFで切り替えが可能です。

VPNを利用したデータ通信も色々なサービスや方法がありますが、簡単に利用できるものもありますので、その設定方法については、近日中に別の記事で丁寧に説明したいと思います。是非お気に入りに登録し、定期的に訪問して頂けると幸いです。(お気に入り登録の際はトップページが便利です)

今回のまとめ

ネットワークを利用する上でセキュリティ対策は欠かせませんが、ポイントを押さえれば難しいことはありません。適切な設定を行い快適で安心な通信環境を手に入れましょう。対策方法がわからないお友達などにも是非教えてあげて下さい。

では、また!

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-Wi-Fiスポット

Copyright© ネコごはん , 2016 AllRights Reserved.