スマートフォン

携帯大手3大キャリア、2年縛りの契約更新月を2ヶ月間に延長か?

投稿日:

いつまで続く2年縛り

docomo、au、SoftBankの国内大手3大キャリアと携帯電話、スマートフォンを契約する場合、いわゆる2年縛りという無用な契約体系で使用をスタートすることになります。

契約から2年以内に解約をする場合、または2年以上利用している場合でも、契約更新月以外のタイミングで解約をする場合は、契約解除手数料として1万円弱の余計な手数料をとられる事になります。

スポンサーリンク

レクタングル(大)

この違約金が発生するという要因のため気軽に乗り換えるのが難しくなっているわけです。最近は家族で複数台の端末を契約している方が多いので、家族全員で乗り換えようとするとさらに状況が複雑になってきます。

このような契約体系は以前より問題視されており、総務省は「自動更新の廃止」など契約の透明化を求めてきたわけです。

契約更新月が一ヶ月からニカ月に延長か?

このような風当たりが強いこともあって、docomo、au、SoftBankの三社は、従来1ヶ月だった契約更新月を2ヶ月間に延長する方針で進めているようです。

実施時期としては、「docomoは3月」「auは5月」「SoftBankは3月以降できるだけ早期」に実施される事になりそうです。

しかし2年縛りという契約体系自体がなくなるわけではないので、2ヶ月間の契約更新月が過ぎてしまえばまた2年間の縛りが発生するのは従来と同じです。

2年縛りの無いMVNOに乗り換えましょう

2年縛りという契約体系がなくならない以上、大手三大キャリアと契約する際は、解約時におよそ1万円が掛かると割りきって利用契約をした方がスマートかもしれません。

たまたま契約更新月にまたがっていた時は、解約手数料が免除されるくらいの感覚の方が妥当に感じます。

私は現在IIJmioの「みおふぉん」を家族3人で利用しています。ファミリーシェアプランで利用しているので一ヶ月の携帯料金は家族全員でおよそ4,000円です。

なんの不満もなく快適に利用できているので、今のところ他のMVNO事業者への乗り換えは考えていませんが、今度他社がどのようなサービスプランや料金体系を打ち立ててくるかはわかりません。

現在よりもより有利なサービスプランが登場した時は、乗り換えを検討することになるのかもしれません。

音声通話機能付きSIMの「みおふぉん」の場合、解約に伴う手数料というのは以下のようになっています。

音声通話機能付きSIMカード(みおふぉん)は「2年契約」のような縛りはありますか?

2年縛りはありませんが、12カ月以内に解約する場合は、「音声通話機能解除調定金」が発生いたします。

いわゆる2年縛りと呼ばれる契約体系はありません。

ただし、音声通話機能付きSIMの場合は、利用開始日から、12カ月以内に音声通話機能を解除(解約、MNP転出、音声通話機能付きSIMカードを削除)した場合、「音声通話機能解除調定金」が発生いたします。

しかし、利用開始から12カ月が過ぎていれば、いつ解約してもこの調定金は発生しません。

「音声通話機能解除調定金」の算出方法は、(12カ月-利用開始月を0カ月とした利用月数)×1,000円(税抜)となっています。

2年縛りのように、一律に1万円弱の違約金が発生するわけではなく、利用月数が経過するに従って、「音声通話機能解除調定金」も弦楽されていきます。

私はSoftBankから、「みおふぉん」に乗り換えましたが、すでに「みおふぉん」を利用してから1年以上経過しているので、この先「みおふぉん」を解約するようなことがあっても、「音声通話機能解除調定金」が発生することはありません。

現在SIMフリー版のiPhone 6 Plus を使っていますが、どのタイミング端末を機種変するかや、今度どのMVNOを利用するかなどは、MVNO事業者にコントロールされることなく、最適なタイミングで機種変を行い、最適なプランを自分で選べるわけです。

まあ、当たり前といえばそれまでなのですが、大手三大キャリアでスマホを利用している方は、この当たり前の使い方だできないわけで、一人でも多くの方がそのような窮屈な利用形態の中で、高額な料金を搾取されるされるという環境から離脱できればよいなと思います。

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-スマートフォン

Copyright© ネコごはん , 2016 AllRights Reserved.